お薦め

青汁で野菜不足を解消しましょう

青汁を飲んだことがありますか。一昔前は、それは、苦くて独特の臭いがあって飲みにくく、一部の人だけが飲むもの、と思われていました。テレビでもそのように放映していましたので、苦い、まずい、というイメージが定着してしまいました。しかし 実際には、今は、飲みやすいものも増え、また 通信販売やコマーシャルなどでもとりあげられ、すっかり身近なものとなってきました。やはり いくら健康に良いといっても、飲みにくければ続けて飲むことはできませんから、飲みやすく工夫をされた商品が一般的になっていますので、昔 飲んでみてその味にギブアップしてしまった人も、もし少しでも興味があれば 今 もういちど試してみることをおすすめいたします。飲みはじめるきっかけは人それぞれではありますが、一番多いのは、やはり普段の食事で不足しがちな野菜をとりたい、つまり野菜不足解消のため、というケースが多いでしょう。1日に必要な野菜の量は350グラムといわれています。健康に普段から気をつけ、野菜不足にならないようにと意識している人でも 1日に摂取できる野菜の量は300グラムがいいところです。ですから、普通に野菜を食べて、毎日350グラムを摂取するには大変な努力が必要です。そこで青汁の登場です。1日に1杯または2杯飲めば、それだけで1日の野菜の必要量をとれてしまうのです。
こちらのサイトでは、意外と簡単な青汁の作り方を紹介していました。わかりやすい解説で、とてもおすすめです。

青汁の成分は、ケ―ルやアシタバなどの グリーンまたはブルーの農産物です。新鮮さは栄養価にも影響しますので、なるべく添加物を使っていない、新鮮で栄養分の高い農産物を使ってつくられた青汁をとりましょう。ジュース状態になったものがどうしても飲みにくい、という人には、サプリメントにしたものも売られています。サプリメントは飲みやすいのがメリットです。ただ、栄養価はやはり粉末のほうが高いものですから 野菜不足の解消を目標にするなら、粉末状のものを牛乳や好きな飲み物とミックスして飲むのがおすすめです。また、それにプラスして、黄色やオレンジ、赤の野菜も摂るとさらに健康にプラスになり、野菜不足の解消にも一役買います。ぜひ、にんじんやトマト、大根など、緑色以外の野菜もとるようにしてみましょう。野菜の不足がこれによっ  て解消できれば、それまでに悩んでいた便秘や肌あれなどの症状も一緒に解消することができるはずです。腸の働きがよくなり、お通じの悩みも解消し、しいてはダイエットにもつながります。数日にいちどのお通じだった人が毎日出るようになり、身体も軽く、また健康になったと嬉しい報告を聞くこともめずらしくはありません。
当サイトの他にも、健康食品関連サイトでは、高麗人参の成分について解説しています。