お薦め

青汁の味に拘るならモンドセレクション受賞品を

健康に留意する人に人気になっているのが青汁です。人は1日に350グラム以上の野菜を摂ることを推奨されていますが、野菜だけでこれをクリアするのは、現代の洋風の食事スタイルでは難しくなっています。それをカバーする意味で、飲む人が増加しているのです。 野菜を摂取することで得られる栄養素を補助する意味で青汁は効果の高い食品と言えるでしょう。毎日数杯を飲み続ければ、1日のノルマを達成できますから、健康になる期待が出来ます。 問題となってくるのが味です。どうしても青臭さがありますから、飲むのに忍耐力を必要とするケースがあるのです。 素材別に見てみると、ケール、明日葉、大麦若葉などが主な材料として使われていることが多いようです。ケールなどは日本全国どこでも栽培できる手軽さで採用されているようですし、明日葉はきょう刈った葉が明日には出ているという意味を込めて名前が付いたと言われるほど成長の早い植物なので採用されている面もあるのです。これらはさすがに青臭さが残ってしまっているようで、どうしても飲めないという人もいるくらいです。 そんな中でも大麦若葉は青臭さが少なく、おいしいという冠がついている青汁の多くに採用されています。


 割と抵抗感が少ないことで知られている大麦若葉ですが、モンドセレクション受賞品と謳っている商品はさらに味に自信があるのです。 味に関しては好き嫌いがありますが、このモンドセレクション受賞品に関しては、審査員の舌を納得させたわけですから、折り紙付きと言っていいでしょう。 特に子供に飲ませたいと考えている場合には、これらの賞品を選ぶことはいい選択になります。野菜嫌いの子供にとって、まずい青汁では、野菜以上に嫌われてしまう可能性があるからです。 おいしいとされている商品にさらに、フルーツジュースを混ぜたり、牛乳で溶いたりすれば、抵抗感はさらに低下して飲んでくれる可能性が高くなります。 家族全員の健康について留意したいと思うのは誰でも同じで、それならば誰もが抵抗感を持たずに受け入れられる商品を選ばなければなりません。どんなに体にいい品物でも飲んでくれなければ何の価値もないからです。そんなときにモンドセレクションでも認められたという肩書きは、家族を説得する材料となります。それでも抵抗があるのなら、バニラアイスに混ぜてスムージーに改造するなどのテクニックを使って、家族の口に入るように努力をしなければならなくなります。