お薦め

青汁を用いた栄養機能食品に関する研究

青汁は栄養機能食品として欠かせない。がん予防にもなる。がんは、重粒子線を用いた末期の胃がんの悪腫瘍を取り除く。それは、群馬大学の病院にある。そうならないためにも、青汁をとる必要がある。健康が一番重要である。味噌汁もがん予防になる。栄養機能食品として、必須である。体と心が良い状態であるためにも大事だ。がん予防するためにいろいろと研究を応用することも大事だ。青汁は、健康管理に大事ともいえる。何が大事で、ポイントを明白にする必要がありそうだ。研究を進めることと、病人の治療の満足度と追求が大事だ。嫌なことを避けることも重要だ。それは、ストレスを下げる。病気にもなりにくい。病気と闘う闘争心が大事である。絶対負けない気持が大事である。そして、今やれることを考えることが大事である。先のことを考えないことも大事だ。青汁は色々な成分が入っている。そのため、栄養がたくさんとれる。何の栄養成分が入っているか研究することが重要である。10年ぐらいかかるかもしれない。とにかく、輝かしい未来が来ることを期待している。研究運営費もかかるかもしれないが、それは、こつこつとお金をためるのがベストである。それが素晴らしい。


今、栄養機能食品として、がん予防になる食べ物と飲み物を増やす必要がある。ようするに新しい食べ物を作ったり飲み物を発見することである。食後の運動と飲み物をとったりすること、そして、歌を歌うことは大事である。その後は、方向転換をして、転換をする。そして切替、代替をして、妥協をして嫌なことを流して余剰することが大事である。最後は薬物療法である。これは、全ての人の体と、全ての人の心の最大公約数(共通点)で妥協することである。それでもだめな場合は手術をして治すしかない。今、困難なことを克服することは、何も恥ずかしいことではない。だれもがあることだ。病気は気で治すという言葉があるが、まさにその通りだとうれしい。それを期待している。世の中そううまくいかないことがあっても、みんなそれぞれ違う個性があっていい。自分が何者なのかなど深く考えず、素直に治療を医者に受ければいい。それは、重要だ。未来のことを考えないで、今のことを考えることである。最後まで目標を諦めないことである。プランを自分で作る。そして実行する。そして、評価を行う。そしてアクションすることである。これらのサイクルをとることである。何も考えないことは難しいが妥協できれば穏やかになりそれにこっしたことはない。