お薦め

私たちの健康に役に立つ青汁の効果と効能

青汁の効果や効能は、まず活性酸素と戦うことができるということです。これは、私たちの身体を活性酸素から守ってくれるということになります。私たちが呼吸で取り入れられた酸素のうち約2パーセントは、体内で酸化力の強い活性酸素に変わってしまいます。そして、その他にも紫外線やストレスや排気ガスやアルコールやタバコといったものが活性酸素の元となります。私たちはこのような影響の元に居るため、活性酸素の影響を常に受けやすいということが言えます。活性酸素は、細胞を酸化させる働きがあります。そのため、老化や生活習慣病の原因の一つと考えられています。この活性酸素から私たちの体を守るのが青汁に豊富に含まれているベータカロチンやビタミンCといった抗酸化成分になります。青汁の効果や効能は、活性酸素と戦うだけではありません。その他にも、目の健康を守り、美容や膝関節への効果や脳を守るといったさまざまな効能があることが分かっています。抗酸化成分の一つにルテインがあります。ケールに豊富に含まれているルテインは、目の黄斑部やレンズである水晶体に多く存在しています。有害な青色の光を吸収しながら活性酸素と戦い、目の健康を守っています。加齢黄斑変性や白内障のリスクを抑えるという報告もあります。


また、メラニンの生成を抑えて、肌色を明るくする働きがあります。ケールに含まれる糖脂質は、メラニン生成に関わるチロシナーゼ活性を抑える働きがあります。この働きによって、メラニンの生成を抑えることができ、さらに紫外線から肌を守ることができるベータカロチンが豊富に含まれています。その他にも、カルシウム含有量が多く、吸収率も良いのが特徴の一つにあります。一般的にカルシウムを多く含んでいる食品とされる牛乳に比べてその含有量や吸収量が優れているのがケールになります。そのため、効率よくカルシウムを摂ることができます。また、膝関節の痛みを軽減する働きがあることが分かってきています。それは抗酸化ビタミンやルテインの働きによるものと考えられています。ケールの成分が脳を守る働きもあります。ストレスに弱い脳を守る働きがケールの成分にはあります。ケールの成分には、脳内の視床下部のセロトニン代謝産物が上昇する働きがあることが分かっています。セロトニンは、幸せ脳内物質と言われていて、抗ストレス作用があることで知られている神経伝達物質になります。このセロトニンの分泌が減るとストレス過多になり、不眠症やうつ病を引き起こすことも分かっています。ケールには、このセロトニンの代謝産物を上昇させる働きがあり、脳を守ることに役に立ちます。このように青汁には、私たちの健康を守るための効能がさまざまあります。